日本語
ホーム > ニュース

卒業シーズン到来、来春の再会を願って  国際教育学院2019年秋学期の修了式を挙行

2020-01-04

    2020年1月3日、瀟洒な校舎、商学院ビル216教室で和やかな空気の中、国際教育学院2019年秋学期漢語進修生修了式が行われました。式典では学生たちが今学期の成長の喜びを分かち合い、お世話になった先生方へ感謝の意を表しました。卒業生は卒業証書のほか、学院からの記念品が贈られました。

  「先生方の親身な指導と、わかりやすい教え方のおかげで楽しく授業が受けられました」と、韓国人留学生の姜東希さんは心からの感謝の言葉を伝えました。

    2019年の秋学期コースでは留学生の数が急速に伸び、中国語長期クラスは10クラス近くまで増設され、どのクラスも定員に達しました。留学生達は中国語のレベルアップのみならず、各種の文化活動を通して中国文化の奥深さを体験することができました。

    今学期から実施された「華東理工大学漢語進修生管理規定」は留学生の生活モラルと出席率の向上に目覚しい効果を挙げました。12人の学生が皆勤賞を受賞し、留学生の模範となりました。

 


  「漢語水平考試」の試験会場として1月11日には本学初のHSK4級試験が行われ、3月にはHSK5級のネット試験も実施される予定です。本学で行われるHSK4級・5級試験により多くの学生の皆様の積極的な参加を期待しています。

    本学院はより質の高い授業と、豊富な文化体験、またより実践的な中国語の活動を提供するためたゆまぬ努力を重ねて行く所存です。万全な管理体制で、優秀な語学進修生を育成し「華理漢語」ブランドを確立するよう努めてまいります。                                                                                                                                                                                                            

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 記事:李建英                                                                                                            写真:柏麗潔

 

著作権所有ツール東理工大学国際教育学院  College of Internation Education