日本語
ホーム > ニュース

本校の留学生、2019年度上海市漢詩朗読コンテストで大健闘、好成績を収める

2019-11-12

    11月10日午後、 「隽永诗文,友谊之歌」と銘打った2019年度上海市漢詩朗読コンテストが開催された。本校から参加した演目の「春」は人気大賞を、また《陋室铭》はクリエイティブ大賞を見事受賞した。今回のコンテストは上海市語言文字工作委員会、上海市教育委員会、及び楊浦区人民政府の主催の元、復旦大学により執り行われた。今回、計18の大学から約300名の学生の応募があり、43の演目が市の予選を通過した。最終選考に残った13校による18の演目がコンテストに出場を果たした。古韵(江南)、风尚(华夏)、踏浪(岁月)、筑梦(时代)の4部からなる演目が発表された。

    当校から参加したグループ演目「春」は愛情に溢れた美しい響きの演目で、学生達は中国語で、ボディランゲージを交えながらそれぞれの思い入れのある有名な漢詩を朗読し、観客に中国文化に対する熱意と愛情をアピールした。また個人演目・《陋室铭》の参加者は古代人に扮した衣装や発音、軽妙な語り口で観客から絶賛を浴びた。コンテストの参加演目の他、サブ演目として上海中医薬大学の太極拳とのコラボ作品である京劇・《梨花颂》も独創的なスタイルと圧倒的な表現力で観客を魅了した。

 留学生のための漢詩の朗読大会として、留学生漢詩朗読コンテストは2017年の開催当初から上海の大学で学ぶ留学生の注目を集め多くの学生が参加してきた。今回の朗読コンテストは「漢詩で祝う中華人民共和国建国70周年、中国文化が結ぶ世界融和」を基本理念としており、漢詩の朗読を通じて友情や文化交流を深めることを目的としている。素晴らしい朗読で建国70周年を祝い、世界に向けて中国の声と伝統文化を発信することを目指している。

 

著作権所有ツール東理工大学国際教育学院  College of Internation Education